No.304

岡崎市美術博物館で行われていた特別企画展 「名刀は語る」を観賞してきましたよ。

絵画とは違う、シンプルな鉄の魅力満載で、刀剣というのはまた奥深い世界ですね。

見どころは、かの有名な本田忠勝の槍。トンボが止まったところ、そのトンボが真っ二つに切れ落ちたという逸話から「蜻蛉切」と名付けられた槍。笹穂のような形の穂先に梵字と三鈷剣が彫刻してあって、凄みのある槍でした。

 

 

本田忠勝は生涯に戦で一度も傷付かなかったとの逸話から、ゲームなんかではロボットにされてたりするくらい屈強なイメージですが、鎧をみると当時の人間としてもさほど大柄ではなく、現代の基準でいうと若干小柄なくらいの印象を受けました。

しかし、行った日に日記書かずに何日か経ってから書くので、もう会期も押し迫ってきましたが、16日まではやっているそうです。

No.303

9月に出演する、劇団中内(仮)さんの、「平成デメニギス考」の出演者オーディションに参加してきました。

演者側でこうしたものに参加するのは本当に久しぶり。

出演自体は決まっているので、なんとなく特別枠てきな扱いをしてくださって、みなさんがそれぞれやっているのを拝見させてくださいました。

最終的に一つやらせて貰いましたけど、自分で書いたもの以外のものをセリフにするのはヘタしたら1年以上ぶりなので本当に緊張しました。

やっぱり出演は…とかって断られたらどうしよう。