No.329

堪え性がないのでもうちょっととかいいつつ、見切り発車で公開しようとしたんですが、案の定訳のわからないことになっています。

No.328

メインサイトのリニューアルをしています。

もうちょっとで公開できると思うのですが、思うのですがっていうか、いまのところもめちゃくちゃなのでさっさと公開してしまえばいいような気もするのですが。

ともかくあとちょっと。

できたら褒めてください。

No.327

ひさしぶりに更新したら、ナンバーの抜けを見つけて慌てて5.6個のエントリーのタイトルを付け直した。やべー。

もっと多かったら諦めてた。

ていうか、全部検証するの無理すぎるのでこれが正しい事にします。

そもそも引っ越し前からの引き継ぎだから、こちらに記事の全部はないし、そもそもホントにカウントがあってるかももうわからない。

なにもかもがわからない。

我ながら面倒くさいルールにしちゃったなと思いつつ。とりあえず1000行くまではだらだらと続けるぜ。

No.326

なにかを書きたい欲求はあるんだけど、言いたい事が無なので気がつけば数カ月も経っていたりしますね。

いまは生きるのが楽しい。

アウトプットの機会も増やしたいとは思っているのですが、なんか小難しい事とかは他で書こうかなともおもっとります。

などと壁に向かって呟くインターネッツ2019。

10年くらい前のノリ。

No.325

Kwan Lee セミナー終わりました!

システマは1つのシステムではあるのですが、それぞれのインストラクターの表現の仕方が少しづつ違っていて、一見すると全く違うものに見えることさえあるのですが、だからこそ、いろんなインストラクターに出会うことでそこに共通するものを探ることがすごく楽しいです。

僕は殴りあうのがすごく好きなタイプではないんですが、それでもストライクやグラップ、ナイフみたいなワークから得られるものはすごく密度が濃いので、今回もすごくたくさんのものを得られたような気がします。

まあ普段フィジカル甘やかしすぎてるので、3日もでるとヘトヘトになりましたが(笑)

今回は自分で分かっているつもりだったけど、できていなかったことに「もしかしてこれなのか?」という感覚が得られたのが凄く有意義でした。

何よりKwan-san の在り方というか、presenceにたくさんのヒントをもらえたような気がします。

蔵岡さんはじめ、参加されていたインストラクターの方々、パートナー組んでくれたみなさま。余ってる時にパートナー組んで実に丁寧に教えてくれたアート。

関係者の皆様方に深い感謝を捧げます。

また会える日を願って。